北海道陶芸会 概要

 北海道陶芸会は、北海道在住のプロの陶芸家の集まりです。昭和43年(1968年)に設立されました。当時は、北海道にも本格的な陶芸家がようやく誕生し活動を始めた時代でした。このような時に北海道の陶芸技術と陶芸文化の創造を目指して、北海道立工業試験場(野幌分場)、こぶ志陶苑、小樽窯が発起人となり、会員16名で発足しました。設立当初は、陶芸を本業と位置付けたプロの陶芸家たちの親睦と情報交換の場として機能しましたが、次第に活動は充実、拡大してゆきました。毎年行われる作品発表会や講演会、技術その他の情報交換、また道内各地での陶芸指導やその他の啓蒙活動を通して、北海道陶芸会は北海道の陶芸文化の創造と進展に貢献し今日に至っております。

 平成20年(2008年)には設立40周年を迎え、2008−2009年の2年にわたり幾つかの記念事業を行いました。その記念展の開催地は日本だけでなく海外にまで拡大することとなりました。本会は現在31名の会員で活動を進めておりますが、各会員の経歴や作風は多種多様で自由な雰囲気で新しい陶芸文化の構築に励んでおります。設立時に先輩たちが意図した親睦、技術の向上などを基本の考えとしながら、北海道の陶芸文化のために努力をしております。
 北海道陶芸会ではこのホーム・ぺ一ジをご覧になられた皆様からのご意見やご感想をお待ちしており、本会に興味を持たれた北海道在住のプロの陶芸家諸氏からのご連絡を、大いに歓迎いたします。

 

                ▲up                                                           ▶next